◆CD-R に音楽を保存、CDプレーヤーで再生



Q. インターネット経由でダウンロードした音楽ファイルを
   CD-R に保存したのですが、「CDプレーヤー」で再生できません。

A. 音楽ファイルを「オーディオCD」の形式で CD-R に保存してみましょう。


パソコンを使って「MP3」「WMA」「WAV」といった形式の音楽ファイルをそのまま CD-R に書き込んで保存しても、一般的な「CDプレーヤー」では再生できないため、
ファイルを「オーディオCD」形式にする必要があります。
集めた音楽ファイルをまとめて、ほとんどの「CDプレーヤー」で再生ができる「オーディオCD」形式で CD-R にデータを書き込むには WindowsパソコンならWindows Media Player(WMP) でも可能です。
 
【必要なもの】
・パソコンにCD-R に書込み可能なドライブが搭載されていること。
・空のCD-R、またはCD-RW。
※CD-R に書き込み可能なドライブが搭載されているパソコンには、通常、ドライブ専用の「ライティング(書き込み)ソフト」が付属しています。それでも「オーディオCD」は作成できますが、ソフトによって手順が違います。各マニュアルを参照ください。
  
「WMP」を使い CD-R で「オーディオCD」を作成する手順はバージョンによっても違いますが、現在、最新の「バージョン11」であれば、

1.画面上部の操作タブから「書き込み」タブをクリックして現れる
  メニューから「オーディオCD」の項目を選択します。

  

  ※ 「バージョン9」では左端のメニューで「デバイスへ転送」
    を選択し、画面右側の「デバイス上の項目」のメニュー
    で「CDドライブ」が「オーディオCD」になるよう設定します。

2.「空」の CD-R を 書き込み可能な「CDドライブ」に挿入します。

3.「書き込みリスト」に CD-R に書き込む音楽ファイルをドラッグ
  &ドロップでリストアップします。気に入ったリストになるように
  ファイルを追加&削除したり、書き込む順番を並べ替えます。

  

  ※ 「書き込みリスト」に音楽ファイルをリストアップすると
    個々の演奏時間の表示と共に、書き込み可能な CD-R
    の「残り」時間が表示されるので、その範囲内であれば
    保存する音楽ファイルを追加することができます。

4. 「書き込みリスト」の下に「書き込みの開始」ボタンがあるので
  クリックすると CD-R への書込みが開始されます。

  

  ※ 途中で止まって書き込み失敗の可能性もあるので、
    CD-R 書き込み中は他の作業は控えましょう。

  ※ 「MP3」「WMA」「WAV」など、各種形式の音楽ファイル
    が混在していても「オーディオCD」形式となるよう変換
    されてから CD-R に書き込まれるので大丈夫です。

5.書き込みが終われば CD-R に最終処理がおこなわれます。
  これで追加の書き込みはできなくなり「オーディオCD」として
  認識されるようになります。

  
といった手順となりますが、とにかく今回のポイントは CD-R に音楽のデータを書き込む設定では「オーディオCD」を選ぶ、ということです。

◆◇◆

Windows には最初からインストールされていることもあり「WMP」での書き込み方法を紹介しましたが「iTunes」でも、自分の「お気に入り」の曲だけをまとめた「オーディオCD」を作成することが可能です。

◆ iTunes for Windows オーディオ CD を作成する方法
 http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=93353

書き換え可能な「CD-RW」に対応したドライバを搭載したパソコンならCD-RW でも作成できますが、やはり一般の「CDプレーヤー」ではうまく読み込めないことも多いので、CD-R を使ったほうがいいでしょう。

CD-R はまとめて買えば1枚、数十円なので、もし失敗してもそれほど痛手ではないので、「WMP」や「iTUnes」、それに専用のライティングソフトなど、いろいろ試して自分に合った方法を探すのもいいでしょう。

Post to Twitter

 


サポートのお申し込み、お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。
お申込み 電話・リモート 出張サポート
電話 問い合わせ先
WEB 利用申込 オンライン予約
※お問い合わせは、上記の電話、および、フォームからもどうぞ。
※出張サポートをご希望の方は、出張サポートメニュー一覧をご覧ください。
ページトップへ